>

費用はどのくらいかかるのでしょう?

保険適用はされるのでしょうか?

遺伝子検査には、カウンセリングを含め保険が適用されるものと、全額自費で行われるものがあります。保険が適用される例としてはデュシェンヌ型筋ジストロフィー、福山型筋ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症が挙げられます。また、現時点で明確な治療法が無いがん患者が行い治療法を探る「がんゲノム検査」も保険が適用されるようになりました。
また、遺伝子研究をしている機関が研究のために無償で検査をしてくれる場合もありますが、多くは委託された検査会社が行う有料のものです。つまり、多くの方は全額自費で行うことになります。かかる費用は項目によって大きな差があり、2万円程度のものもある一方、10万円を超えることもあります。
国内で検査できる項目も決して少なくはありませんが、中には海外でしか行えない項目もあります。

具体的な費用の目安

一般の方が行うことが多い検査を例にとってみると、高血圧・脂質異常、肥満、皮膚常在菌、肌老化関連の遺伝子検査が全てカウンセリング込みで各25,000円と比較的安価で行えます。
とあるサイトで同サイト内商品の価格比較表を見てみると、がんや生活習慣病、体質など幅広い項目を検査でき、かつ結果を紙に印刷して届けてくれるプランが33,800円。がんに関する項目に特化したプランが14,800円。体質調査に関する項目に特化したプランが9,800円(価格は全て税別)となっています。
またとある医療機関のサイトによると、がんの早期発見・治療を目的とした遺伝子検査が550,000円(税込)となっていました。
傾向として、キットを取り寄せて自宅で採取した試料を送る場合は比較的安価に、医療機関で受ける場合は高くなります。